ランニング歴14年★ランナー・かおりんごはこんな人!

こんにちは、かおりんご( @go_go_kaoringo ) です。

私はTwitterやブログでランニングに関することを発信しています。

でも、これまでの実績など、詳細についてはあまり触れてきていませんでした。

ランニングのことを発信するからには、私が走ることに関してどんな実績や経験がある人間であるかをご紹介しておく必要があると思っています。

私を知って頂くことで、近い境遇の読者のお役に立てるとうれしいです!

目次

かおりんごのランニング年表

かおりんごのざっくりランニング年表です。

結構、山あり谷ありw

これを見れば、「ランナーとしてのかおりんごはこんな人!」がなんとなく分かります。


子供時代

走ること、というよりも運動全般が大好きでした。

小学生時代は運動の習い事を3つやっており、今だから言えますが当時運動神経はまぁ良い方でした。


小学生
  • 小学校のマラソン大会では6年間常に上位をキープ
  • 6年時、市内の陸上競技会の1000m走で5位(タイム:3分40秒、だったはず。)
中学生
  • 陸上部の長距離チームに所属
  • 当時全国大会常連の長距離チームだったため、練習もかなりキツく走ることが嫌に
  • 股関節痛発症
  • 2年時に受けた股関節の精密検査結果よりドクターストップ
  • 長距離チームを離脱し、投てきチームへ
  • すっかり砲丸投げ選手っぽいガッチリ体型に
高校生
  • 合唱部に入部し、走ることとは無縁となる
  • すっかりぽっちゃり体型に
大学生
  • やっぱり運動したい!という衝動に駆られて勢いでラクロス部に入部
  • 入部数ヶ月後に再び中学時代の股関節痛が発症
  • ラクロス部を退部し、合唱団へ入団
  • 再び走ることとは無縁に
  • 当時の人生最大体重を記録
  • 就活を終えた4年生の5月からジムへ通い始める(4年ほど継続)
  • ジム通い7ヶ月目程には体重は10kg減

独身時代

ランニング歴は2009年1月からカウント開始!

ランニングを始めたことにより人生が一変。

波はあるものの、私にとって楽しい人生の始まりでもありました。


2008年
  • 会社の同僚とノリでエントリーした東京マラソン2009に追加当選してしまう
2009年
  • ランニング始動
  • 皇居ランデビュー
  • SNSのランニングコミュニティのランニングイベントに多数参加
  • 初フルマラソン完走(ネットタイム:5時間17分←うち、トイレ待ち20分w)
2010年
  • 激務によりランニング低迷期
2011年
  • 激務から開放されランニング再開
  • SNSのランニングコミュニティに多数参加し、ランニング仲間が一気に増える
  • この頃月間220〜230km程度走る月も
2012年
  • 怪我が増え、満足に走れないことも
  • 鍼灸院や接骨院へ頻繁に通い痛みをごまかしつつランニング継続
  • SNSのランニングコミュニティで夫に出会う
2013年
  • 名古屋ウィメンズマラソンにてフルマラソンのPB更新(ネットタイム:4時間19分 ※2022年12月時点もこれがPB)
  • 夫とお付き合い開始
  • 時間を有効に使いたく、仕事終わりの帰宅ラン開始
  • 仕事に趣味に夫に忙しく、暴飲暴食によりPB更新時から体重4kg程度増
2014年
  • 夫と結婚
  • 慣れない新婚生活&結婚式準備でランニング時間が減る
  • 食生活が整い、7ヶ月で体重7kg程度減

結婚後

「がんばるラン」よりも「楽しむラン」が増えました。

旅先での朝ランや観光ラン、GPSアートランなど、子供のいない新婚時代は夫婦でたくさん走りました。


2015年
  • 新婚旅行にて「ウォルトディズニーワールドマラソン(フルマラソン)を走る」という夢を叶える
  • 妊娠前最後のフルマラソン完走(ネットタイム:4時間38分)
  • 妊活を意識しランニングは程々に
2016年
  • 長男妊娠
  • 妊娠9ヶ月時にはウォーキング月間136kmを達成(ほぼ毎日ウォーキングしていた)
  • 出産

子育て開始後

子供が産まれると、いつでも好きなときに走れるわけではありません。

いかに効率よくランニングをするか、ということが課題となりました。


2017年
  • ランニング再開(産後100日頃)
  • ハーフマラソン完走(長男8ヶ月、ネットタイム:2時間9分)
  • 長女妊娠
2018年
  • 安定期以降体調のよい休日はウォーキング5km程度を継続
  • 長女出産
  • ランニング再開(産後100日頃)
2019年
  • 10kmマラソン完走(長女6ヶ月、ネットタイム:54分25秒)
  • 体重が戻らないまま4年8ヶ月ぶりにフルマラソン完走(長女1歳4ヶ月、ネットタイム:4時間29分)
2020年
  • コロナ禍突入
  • 東京マラソン2020に当選するも中止に(2023へ出走権移行)
  • コロナに怯え半年程度ランニング低迷期
  • ほぼリモートワークになり体重激増(2019年に走ったフルマラソン時から+7kg)
2021年
  • 月間90〜100kmランを4ヶ月継続するも、直近の目標がなく再びランニング低迷期
2022年
  • ゆる〜く月間60〜70km程度のランを継続
  • 東京マラソン2023の出場確定により、月間100km以上ランを目標に(★今ココ!!

参加してきたレース

大都市マラソン or 大規模マラソンがメインです。

  • 活気がある
  • 運営がしっかりしている(ランナーの不自由が少ない)
  • 参加賞や完走賞等のご褒美やエイドが充実している

こういった条件の整った大会が大好きなので、自然と大都市or大規模マラソンへエントリーする流れになってしまいます。

マラソン大会への参加も安くはないので、やはりレース選びは毎度慎重です。


独身時代

独身時代はラン仲間と一緒に参加したり、観光を兼ねて遠征したりが多かったです。

フルマラソン

  • 東京マラソン(×3)
  • 神戸マラソン
  • 京都マラソン
  • 富士山マラソン
  • 名古屋ウィメンズマラソン(×2)
  • 湘南国際マラソン

ハーフマラソン

  • いたばしリバーサイドハーフマラソン
  • 軽井沢ハーフマラソン
  • タートルマラソン
  • 松島ハーフマラソン

その他

  • 東京30K(秋大会、冬大会)(×6 くらい)
  • ぴあ夢の島エンジョイランニング駅伝
  • 42.195kmODAIBAリレーマラソン
  • お台場ビューティーランニングフェスティバル(10km)
  • 他、小規模レース複数


結婚後

結婚後、特に産後は「日帰りで参加可能な大会」を選ぶように。

それでも、やはりそれなりに規模の大きな大会ばかり選んでいますね。

フルマラソン

  • ウォルトディズニーワールドマラソン
  • 名古屋ウィメンズマラソン
  • つくばマラソン
  • 東京マラソン(★予定)

ハーフマラソン

  • 南魚沼グルメマラソン
  • 新宿シティハーフマラソン
  • ベジタブルハーフマラソン
  • かつしかふれあいRUNフェスタ

その他

  • 東京30K
  • 浦安シティマラソン(10km)


ランニングを長く続けるために

ランニングを継続させていくためには、それなりに努力が必要だと思っています。

私がランニングを続けていく上で大事にしていることが以下の4つです。

目標を持つ

可能な限り、「目標」を持つようにしています。

私の中の「目標」は「大会参加」を意味します。

私の性格上、明確な目標がなければ頑張れないんです。

大会参加を確定させたら、大会当日から逆算してざっくりとした月の目標を立てて行動します。

でも、その時の自分にとって絶対に無理のない目標にします。

それは、私にとって大切なことはランニング以外にもたくさんあるからです。

高すぎず低すぎない目標を持つことがポイントです!


休むことも大事

継続してランニングしていると、走りたくないと思う日や時期がたいてい出てきます。

そんなとき、私は思い切って休むようにしています。

ある程度走る習慣が身についている人は、しばらく走らない期間があると逆に「走りたい!」と感じるタイミングがまた訪れるようなんです。不思議ですよね。

状況次第なところもありますが、久しぶりに走ったときの方が調子が良いことも意外とあります。

なので、フルマラソン本番間近の時期(3ヶ月以内とか)でなければ、自然の成り行きに任せてみるのもアリです。

長い(かもしれない)ランニング人生、ずっと頑張りっぱなしでは絶対続きません。


仲間を持つ

私がランニングをここまで継続させてこられた最大の理由が、ランニング仲間がたくさんいたことです。

「超」がつくほどの人見知りである私が、ランニングを始めた当初に勇気を持って多くのランニングイベントに参加したことは、今となってはものすごい財産となっています。

一緒に練習できる仲間、一緒にレースに参加(遠征)できる仲間、ランニング以外でも一緒に遊べる仲間、結婚して子連れで集まれる仲間…

まさか大人になってからランニングという趣味でこれだけ知り合い・友達が増えて楽しい思いをたくさんできるとは全く想像もしていませんでした。

そして何より、趣味で知り合った仲間は長く付き合えます。

まさかのラン仲間と結婚までw

ランニングを長く継続させたければ「仲間作り」は必須だと考えています!


家族の協力

前述の通り、夫もランナーなので、レース参加等も含めランニングをすることへの理解は十分あります。

ただ、子供もいることなのでランニング時間はいつでも確保できるわけではありません。

日程・時間調整を日々行いながら、時には夫と交換条件(笑)でランニング時間を捻出しています。

また、子供たちもパパママが「走る人」ということを理解してくれているのも私にとっては助けとなっています。


今後の目標

おデブになっても、ママになっても、まだまだ目標は尽きません。

フルマラソンでサブ4達成

途中何度もマラソンを走っていない時期(激務、妊娠・出産、コロナ禍など)があったとはいえ、14年もマラソンをやっているのに未だに達成できていないサブ4。

ランニング開始当初の目標では、2013,4年頃に達成しているはずだったんですけどね(笑)

現在38歳。

40歳でサブ4達成することが今の目標です!


ウルトラマラソンにチャレンジ

実は前々から憧れていたウルトラマラソン。

並の練習では到底走れないであろうウルトラマラソンをいつか走ってみたいです。

練習時間確保を考えると、やはり子供たちに手がかからなくなってからでしょうか…

100kmとはいわず、まずは70kmくらいを目標にしたいです。

きっと、フルマラソンとは全く違うものが見えるはず!


家族でウォルトディズニーワールドマラソン参戦

前述の通り、新婚旅行で夫と一緒にウォルトディズニーワールドマラソンを既に経験しています。

ランナー×ディズニー好き」な私にとってはこの上ない幸せでした。

「あ、私はきっと将来(家族と)またここに来る!」とレース直後に思ったのを今でも鮮明に覚えています。

そして、現在。

2人の子供たちは走ること(運動全般)もディズニーも大好きです。

もちろん、そうなるよう子供たちが小さい時から私や夫が裏で動いてはいるんです(笑)


トランポリンを自宅リビングに置いてみたり、

マラソン大会(ファミリーの部)に参戦してみたり。


ディズニー関連だと、ディズニーホテルに泊まってディズニーの世界観を存分に楽しませたり。


ウォルトディズニーワールドマラソンは、一番短い距離の種目が5kmです。

子供たちがともに小学校高学年以上になる頃を目標にしたいですね!


まとめ:ランナーかおりんごはこんな人!

  • ランニング歴14年のぽっちゃり&のんびりママランナー
  • 活気のある大規模マラソンが大好き
  • 子供ができてもなお目標は尽きない

ランニング歴についてこれほど語ったのは初めてかもしれません(笑)

でも、このページをきっかけに新たな繋がりができたり、共感していただける方がいらっしゃれば嬉しいです。


この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次